ラグビー

ラグビーW杯2019準決勝ウェールズ VS 南アフリカ試合結果

ラグビーワールドカップ2019

準決勝、ウェールズ VS 南アフリカ戦が
2019年10月27日(日曜日)@横浜国際総合競技場で行われました。

 

世界ランキング3位のウェールズは
欧州王者の強豪国。

今大会で初の優勝を狙っている。

 

世界ランキング4位の南アフリカは、
3度目の優勝を狙います。

 

スポンサーリンク

ウェールズ対南アフリカ戦

本日のスターティングメンバー

 

注目は、日本戦で最優秀選手に選ばれた
南アフリカ代表の背番号9番、フーリー・デュプレア

小さな体での運動量がハンパないですよね。
両チームの入場

今大会開催中に起きた台風19号の犠牲者への黙禱が捧げられました。

両チームの国家斉唱

ウェールズ対南アフリカ戦キックオフ

南アフリカのキックで、試合開始

前半15分
ラックでのノットロールアウェイでウェールズに反則

ノットロールアウェイ

タックルをしたプレーヤーが、倒れたプレーヤーと共に倒れこみ、次のプレーの障害となったとき。

この反則により
南アフリカ 10番ポラード選手ペナルティーゴール成功

 

前半17分
南アフリカ陣内で、南アフリカにオフサイド

このオフサイドで、ウェールズ代表はペナルティーゴールを狙う
左から難しい角度のキックをダン・ビガーが決めて同点

ウェールズ3-3南ア

前半20分
ウェールズは、スクラムでコラプシングの反則
この反則により南アフリカ・ハンドレ・ポラードが決めて

ウェールズ3-6南ア

コラプシング

モールやラックが形成された状態で、故意にモールやラックを潰すこと。

前半30分
両チームの攻防が続きます。

前半35分
ウェールズ陣内、ウェールズのケン・オーウェンズが
モールで横から入ったとして南アフリカにPK

ハンドレ・ポラードが3本目を決めて

ウェールズ3-9南ア

 

 

前半39分
南アフリカがオフ・ザ・ボール・タックルの反則で
ウェールズのダン・ビガーがPKを決めて

ウェールズ6-9南アフリカ

 

 

このまま前半戦が終了!

 

 

 

スポンサーリンク

ウェールズ対南アフリカ戦後半キックオフ

ウェールズ代表のキックせで後半試合開始

後半5分
南アフリカのナンバー8、ドゥエイン・フェルミューレンがオフサイド
ウェールズがペナルティーキックでゴール成功で再び追いつく

 

後半16分
ハンドレ・ポラードがボールを得た後ポスト前でラックに
左へボールが出てダミアン・デアレンデがタックルをはねのけてトライ!
ゴールも決まり

 

後半24分
次々とフェーズを重ね、南アフリカが反則
ウェールズはGKではなくスクラムを選択!
左に展開し、ジョシュ・アダムズがトライ!

後半30分
残り時間10分
両チームの攻防が続く

後半36分
南アフリカがハンドレ・ポラードが
ペナルティーキックを決めて
ウェールズ16-19南アフリカ

その後、両チームに得点がないまま

 

hulu

 

「ノーサイド」

南アフリカが勝利
決勝にコマを進めた。

ラグビーW杯2019決勝・3位決定戦が決まる!

ラグビーワールドカップ2019
決勝にコマを進めたのは

イングランド代表対南アフリカ代表

決勝戦は、11月2日(土曜日)
18時キックオフ@横浜国際総合競技場

hulu

3位決定戦は、11月1日(金曜日)
18時キックオフ@横浜国際総合競技場

どちらの試合も
どっちのチームが勝ってもおかしくない程の
見ごたえある試合だと思います。

準決勝の最優秀選手は
南アフリカ代表 背番号10番
ハンドレ・ポラード選手!!

熱戦だった、試合後ピッチに家族も一緒に立つことができるって本当に
素敵なことですよね!

ラグビーW杯2019準決勝ウェールズ対南アフリカ試合結果まとめ

世界ランキング3位と4位のチームでの
準決勝、ウェールズVS南アフリカ

両チーム一進一退の攻防で
トライ数も両チーム合わせて2つ

ペナルティーゴールが7つと
力の差が均衡している試合でした。

その結果
点差が3点差という試合結果

昨日のイングランド対ニュージーランド戦同様に
非常に目が離せない一進一退の攻防でした。

結果的には、南アフリカ代表が勝利しましたが
ウェールズ代表も非常に良いチームだと感じました。

 

\見逃し配信は2019年12月31日 23:59までとなっています。/