ラグビー

ラグビーW杯2019準決勝イングランド対ニュージーランド試合結果

ラグビーワールドカップ2019

準決勝、イングランド VS ニュージーランド戦が
2019年10月26日(土曜日)@横浜国際総合競技場で行われました。

 

世界ランキング1位のニュージーランドは
前回・前々回大会と連覇をしている強豪国。

今大会も優勝を目指し3連覇を狙っています。

 

世界ランキング2位のイングランドは、
2003年大会以来の優勝を狙います。

 

スポンサーリンク

イングランド対ニュージーランド戦試合前からヤル気十分

両チームが入場後、両サイドにわかれた。

 


だが、この時から、いつものニュージーランドとは雰囲気が違った。

ニュージーランド(オールブラックス)が試合前に恒例の「ハカ」を踊った。
ただ、今回も準々決勝に続き、特別仕様の「カパ・オ・パンゴ」を披露した。

ニュージーランドの「ハカ」の大迫力な演舞にスタジアムが大歓声で包まれる、

一方、イングランドは、このニュージーランドの「ハカ」をV字の陣形を取って待つ。
イングランドの意外な布陣で会場からは大きなどよめきが起こった。

 

 

イングランド対ニュージーランド戦キックオフ

イングランドのキックで試合開始

キックオフと同時に、イングランド代表がニュージーランド陣内に流れ込む

すると開始1分36秒

 


イングランド代表、マヌ・ツイランギンがトライを決め先制!!


出典:https://www.rugbyworldcup.com/match/semi-final-1

ニュージーランド代表今大会前半で初めてトライを許す。

その後、ゴールも成功。

試合が始まり20分

ニュージーランド代表は、思うように試合を運ぶことができない・・・・

両チーム互角の戦いでなかなか得点できない。

 

だが、試合は突然動いた!!

試合が始まり30分経過

再びイングランド代表がトライを決める。

 

しかし、オブストラクションでノートライとなる。

オブストラクションとは

ボールを持っていない相手プレーヤーの動きを妨害すること。

 


その後、試合開始39分

ニュージーランドのオフサイドによりイングランドにPKのチャンス!

オフサイドとは

ボールを持った味方やボールをキックした味方より前方にいる者が、その味方より後方に下がることなくゲームに参加したとき。スクラム、ラック、モール、ラインアウトなど、プレー毎に決められたオフサイドラインより前方にいる者も、味方より後方に下がることなくゲームに参加できない。

イングランドが前半終了間際に追加点を決める!

その後、両チーム追加点がないまま前半が終了

前半のボール支配率は

ワールドカップでニュージーランド代表が前半を無得点で終わるのは
これで、2度目となる。

スポンサーリンク

イングランド対ニュージーランド戦後半キックオフ

後半開始後もイングランドの猛攻は続く

後半開始7分
ゴール前のモールを押し、ベン・ヤングズにボールが出てそのままトライ!
しかし、モール内でのノックオンにより2度目のノートライとなる。

 

ノックオンとは

持っているボールやキャッチしたボールを、自分より前方に落としたとき。

 

後半15分
ニュージーランド代表が反則
この反則によりイングランドによるペナルティーキック

 

ペナルティーキックが決まる。

 

後半開始10分
ニュージーランド代表は、無得点のまま
終始、イングランド代表に攻撃を阻止され
一進一退の攻防が繰り広げられる。

 

 

後半17分
ニュージーランド代表がイングランド陣内のゴール目前で、
イングランドボールのラインアウトからのボールを
マロ・イトジェが取れず、
そのボールをニュージーランド代表アーディー・サベアが取ってそのままトライ!

ニュージーランド代表待望の初得点

 

 

後半22分
ニュージーランド代表のオフィサイドからイングランド代表のペナルティ
ジョージ・フォードがペナルティーキックを決めて
イングランド代表に追加点

後半29分
試合時間残り10分を切ってまたも
ニュージーランド代表が反則を・・・
この反則によりイングランド代表ジョージ・フォードが
長い距離のペナルティーキックを決めてさらに追加点!

ジョージ・フォードがこの日4本目のペナルティーキックを決める

後半31分
ニュージーランド代表が久々にゴール前まで運ぶも
ノットリリースザボールでイングランドボールに・・・・・

ノットリリースザボール

ボールを持っているプレーヤーが、タックルで倒されたにも関わらず、ボールを放さずに持ち続けること。

その後も、一進一退の攻防が続くも
両チーム無得点のままノーサイドを迎える。

この結果、イングランド代表は決勝進出!

 ニュージーランド代表が3位決定戦

 

 

この試合の最優秀選手はマロ・イトジェ

 

勝者も敗者も分け隔てなくお互いをたたえることのできる
ラグビーに感動を覚えました。

 

ラグビーW杯2019準決勝イングランド対ニュージーランド試合結果まとめ

世界ランキング1位・2位の対戦となった
準決勝イングランド対ニュージーランドの試合

本当に、見ごたえある攻防の結果ですが
ニュージーランド代表が3連覇を見てみたかった感じもしますが

試合開始直後からの
イングランド代表の闘志が本当にすごかった。

相手をよく研究した上での戦術が
うまくハマった感じもしますが、ニュージーランド代表の選手が
ボールを持つと、イングランド代表の選手2人でのタックルの場面が多く

なかなか、ニュージーランド代表のラグビーが出来ずに
攻守が変わった感じがします。

この試合の結果
世界ランキング1位がイングランド
世界ランキング2位がニュージーランドとなりました。

イングランド代表との決勝は、
いったい、ウェールズなのか?それとも
南アフリカなのか、明日の試合も楽しみですね!

\見逃し配信は2019年12月31日 23:59までとなっています。/